↑ 気になる方はタップタップ ↑

赤ちゃんの便秘解消に使われる下剤

病院を受診すると必要に応じて、
赤ちゃんの便秘解消のために次のような下剤が処方されます。

 
Sponsored Links

モニラック

便をやわらかくし浸透圧により排便を促すお薬です。

 

赤ちゃんの便秘に対し処方されるお薬の中で一番多く使用され、赤ちゃんにも使用可能なほど安全性の高いお薬となります。

 

※種類・・・糖類下剤

 

マグネシウム

粉状をした便秘薬で浸透圧により排便を促したり、腸で便の水分が吸収されないようにして便が固くなるのを防ぎます。

 

※種類・・・塩類下剤

 

ラキソベロン

大腸に作用し腸を活発化させることで排便を促すお薬です。

 

一般的には指示された量を水に薄めて使用します。

 

※種類・・・刺激性下剤

赤ちゃんの便秘解消に使われるその他の薬

 

赤ちゃんの便秘解消のために処方されるお薬には、
下剤の他、必要に応じ次のようなお薬が処方されます。

 

グリセリン浣腸

肛門から直接浣腸液を注入し直腸を膨張させて便意を促すお薬です。

 

グリセリン浣腸を使用することで便の滑りを良くしスムーズな排便が可能になります。

 

但し赤ちゃんの月齢によって使用量が異なるため必ず指示に従ってください。

 

※種類・・・浣腸

 

テレミンソフト

赤ちゃんの便秘に用いられるのは「1号(2mg)」で、使用後、30分ほどで排便する赤ちゃんが多いようです。

 

 

※種類・・・坐薬(便秘用)

ゲンタシン

肛門が切れた際患部に塗る抗生物質が含まれているお薬です。

 

肛門が切れて痛みを伴うことが便秘の原因になることもあることから、患部の状態が悪い場合に用いられます。

 

 

※種類・・塗り薬