↑ 気になる方はタップタップ ↑

赤ちゃんの便秘 ~整腸剤、下剤、坐薬の処方~

赤ちゃんの便秘で病院を受診すると、

 

  • 飲み薬(整腸剤や下剤)
  • 坐薬

 

これらいずれかのお薬が必要に応じ処方されます。

Sponsored Links

 

病院から処方される整腸剤

 

処方される整腸剤の主成分はビフィズス菌や乳酸菌なので、腸内の悪玉菌に作用しその活動を抑制するのに加え善玉菌の数を増やすなど、

 

腸内環境を整える働きがあるため便秘だけでなく下痢の時にも処方されます。
※主成分となるビフィズス菌や乳酸菌は、ヨーグルトにも含まれるなど食べ物に近い成分であることから、赤ちゃんにも安心して与えられるお薬となります。

 

病院から処方される下剤

病院から処方される下剤の中には、生後6ヶ月以下という低月齢の赤ちゃんにも使用可能なものがあります。

 

下剤の目的

  • 大腸に作用し腸の蠕動運動を促進し排便を促す
  • 大腸による水分吸収により便が固くならないよう働きかける

 

病院から処方される坐薬

肛門から直接入れるお薬で座薬の作用としては、腸の粘膜に作用し腸の蠕動運動を促進することで排便が促されるというものです。

 

 

赤ちゃんの便秘解消には浣腸よりも坐薬の方が楽なケースもあります。
というのも坐薬は発熱の時に用いられる解熱剤など使用頻度が高いからです。

 

 

赤ちゃんの便秘解消に市販薬の使用前に病院受診

最近では赤ちゃんにも安心して使用できる浣腸が薬局で売られていますね。

 

そういった浣腸を使用することは便秘を解消するのに有効な手段の一つです。

 

ですが初めて赤ちゃんの便秘解消のために薬を使用するときは、市販されている浣腸や便秘薬を使用するのではなく一度、医師に相談することをオススメします。

 

 

最初のうちは病院から処方されるお薬で赤ちゃんの便秘を解消してあげましょう。

 

大人の便秘と違い赤ちゃんの便秘は「一概に」や「一般的に」という考え方は該当しないものです。

 

それだけ赤ちゃんの体はデリケートなのです。

 

そのため安心、安全に赤ちゃんの便秘を解消するためには、市販されている浣腸や便秘薬を使用する前にまずは医師に相談することをオススメします。